ポータブルトイレとしてご使用できるコンポストトイレです

排気装置を使うことで、撹拌槽で発生する炭酸ガス、ニオイを屋外に排出します。

排気ファンはDC12ボル仕様、消費電力は1ワット程度です。家庭の電源では付属のAC=DCアダプターを使用します。

設置工事は壁に60ミリのパイプが通る穴を開けていただきます。

内側は排気ファンを壁に固定し、屋外はステンレス製雨よけフードを取り付けます。

室内はダクトホースでトイレ本体とつなぎ、トイレの排ガスを吸い出します。

山小屋など、100V電源が使えない場合、小型のソーラーパネル等で使用できますが、短期間であれば換気がなくても大丈夫です。

壁用排気装置を付けつと室内で、介護用、寝室用としてご使用できます。
20型シリーズ用の排気装置(壁付タイプ)
排気管を壁に通し、室内側の壁に排気装置を屋外の壁にステンレス製ガラリをつけます。
壁用排気装置設置時

排気装置を設置される場合、壁の中を通す塩ビ配管を、室内に水が入らないよう外側に少し傾斜させて設置して下さい。
外側の配管を固定される際は、防水処理をしてください。ステンレス製カバーを差し込む際も周囲にシーリングしてください。

こまらん℮トイレ20型は、3タイプをご用意しています。

1つは8リットルの尿タンクをトイレケース前部に収納したタイプです。

2つ目は前部に2リットルのボトルを格納するタイプです。 

3つ目は2リットルのボトル仕様で、一回り小さくしたコンパクトタイプです。

8リットルタンク仕様のこまらん℮トイレ20L8型

20L型の本体スペース前部に8リットルのタンクが収納されます。フロント部には8リットルタンクの容量を確認できるのぞき窓が設けられています。
20L型8リットルタンク式
8リットルタンク式の本体ケースに撹拌槽と尿タンクが収納されています。
8リットルタンク式の撹拌槽と尿タンク
20L型8リットルタンク式の撹拌槽と尿タックが収納されている様子です。
20L型の収納時の様子です

8リットルタンク仕様の大きさは、横幅41センチ、奥行き57センチ、便座までの高さは45センチです。

内側ケースと撹拌槽の間に撹拌槽を保温するマットを入れることができます。撹拌ハンドルは直径25センチを使用しています。

標準価格は16万5千円(税、送料込み)、別途コンポスト基材セット(約10回分の基材と微生物基材)は7千円でご用意しています。

暖房便座を設置される場合、標準価格に5千円高くなり、17万5百円です。

2リットルボトル仕様のこまらん℮トイレ20L2型

20L型のフロント部に2リットルのボトルが収納され、便器からの尿を受けます。替えボトルが1本付属します。
20L型の2リットルタンク式
20L型2リットル式は4つのパーツで構成されています。ケース内に収められます。各パーツはFRP製で水洗いが容易です。
20L型2リットルタイプの4つのパーツ

2リットルボトル仕様の大きさも、タンク仕様と同じ、横幅41センチ、奥行き57センチ、便座までの高さは45センチです。

内側ケースと撹拌槽の間に撹拌槽を保温するマットを入れることができます。撹拌ハンドルは直径25センチを使用しています。

 

標準価格は15万9千円5百円(税、送料込み)、別途コンポスト基材セット(約12回分の基材と微生物基材)は7千円でご用意しています。暖房便座を設置される場合、16万5千円です。

更にコンパクトな、こまらん℮トイレ20s2型

20S 型は20L型を一回り小さくしたタイプです。キャンプなど屋外にに容易に持ち運べる仕様となります。
20S型2リットルボトル仕様のフロント部
20S 型の本体ケースから撹拌槽を取り出した様子です。
20S 型は便器、本体ケース、撹拌槽の3つのパーツで構成されます

コンパクトタイプの大きさは、横幅39センチ、奥行き55センチ、便座までの高さは43センチです。

撹拌槽の大きさは同じですが、本体ケースが一回り小さく作られています。保温マットは装備できません。

 

標準価格は13万2千円(税、送料込み)、オプションで排気装置(2万2千円)を付けることができます。

別途コンポスト基材セット(約10回分の基材と微生物基材)は7千円でご用意しています。

使用方法は簡単です

1 大便時は、右側の開閉レバーを上げて使用します。使用後はレバーを下げ扉を閉めます。

 2 ペーパーは少量であれば撹拌槽に入れても大丈夫ですが、撹拌が重くなります。

3 使用後はコンポスト化を促すため、撹拌器のハンドルを便が見えなくなる程度、回します。

4 小便時は、便器底部の扉が閉まっているのを確認後使用してください、男性も座ってご使用ください。 

5 尿の付着で臭いが残る場合は、コップ一杯程度の水で便器を洗ってください。

メンテナンスも簡単です

1 撹拌槽にコンポスト基材を撹拌器の横棒が隠れるまで(約12リットル)投入します。

2 撹拌器のハンドルを回し、基材の水分調整と重たければ、ピートモス等軽いものを入れて調整します。

3 使用していてコンポスト基材が減ってくれば基材を補充し、ハンドルを回すのが辛くなれば基材の換え時です。

4 便器ユニットと尿タンクを外し、撹拌槽をケースから取り出します。 

5 コンポストとして使用する場合、すぐに使用せず、段ボール箱に入れ約半年後、熟成してから使用します。

6 小便もそのまま使用すると肥料焼けするので、水で10倍以上に薄め使用します。

こまらん℮トイレ20型は介護用に最適です

 ご本人が使用後、座ったまま撹拌ハンドルで撹拌できます。

本体を動かないようにし、水道からの取水ができれば、温水洗浄便座も使用できます。

こまらん℮トイレ20型を全国送料無料で販売しています

20S2型の 標準販売価格は
13万2千円(税、送料込み)    ※
オプションで排気装置(2万2千円)を付けることができます。

 

20L2型の標準販売価格は

15万9千円5百円(税、送料込み) ※暖房便座を設置される場合、標準価格に5千円高くなり、16万5千円です。

 

20L8型の標準販売価格は

16万5千円(税、送料込み)    ※暖房便座を設置される場合、標準価格に5千円高くなり、17万5百円です。

 

コンポスト基材セットを

7千7百円でご用意しています   ※3種150リットルのコンポスト基材と1キロの微生物基材のセットです。

 

ご不明なことがありましたら、お気軽にお問合わせください

電話でのお問い合わせは、0740-36-1295にお願いします。

 

コンポス技研トイレ研究所では、6タイプのトイレをご用意しています

こまらんトイレ20S 型

一番小さいコンポストトイレです。
20S 型

こまらんトイレ20L型2リットル

20L型は暖房便座、保温マット、排気装置が装備されます。
20L型の2リットルタンク式

こまらんトイレ20L型8リットル

20L型8リットルタンク式は山小屋、別荘用のトイレとして利用できます。
20L型8リットルタンクの撹拌ハンドル

こまらん℮トイレ30型

3,4人用のタイプで、尿はステンレス配管で室外のタンクに入れます。

 

こまらん℮トイレ40型

 4,5人用のタイプで、撹拌はトイレ前部で回します

こまらん℮トイレ50W型

5,6人用のタイプで、大きめの撹拌槽に2連の撹拌器が装備されています。