おがくず使用のコンポスト投下式トイレです

コンポスト投下式トイレは、おがくず、もみ殻、腐葉土など、安価なコンポスト基材が利用できます。コンポストを入れるコンテナーの大きさによっても違いますが、また、替えのコンテナーがあれば、1日の使用人数は無制限です。投下式トイレの作り方と合わせて、大小分離のDIY便器についてご紹介します。

おがくずのコンポスト投下式トイレの仕組みと使い方について

投下式トイレの仕組みは、コンポストが入るコンテナは収納ボックにセットされます。収納ボックスの大きさは、奥行き50センチ、横幅120センチ、深さ50センチの筒状です。その中にコンテナが入り、便器から落ちる便を収納します。

おがくずを使ったコンポスト投下式トイレは使用人数に関係なく連続使用できます。
DIY便器とおがくず投下式トイレ

コンポスト投下式トイレの使い方は簡単です、用を足した後、おがくずをふりかけます

使い方は、用を足した後、ロープを引き下ろし、便が入ったコンテナを引き寄せます。

便器横の扉を開けてバケツのコンポスト基材(おがくず等)を便の上にふりかけます。

次に使用される方も、用を足した後、上がっている方のロープを引き下ろし、コンテナを引き寄せ、コンポスト基材をふりかけます。

コンテナは右、左に行き来することで、盛り上がったコンポスト基材は崩れ、均一化します。

コンテナの容量にもよりますが、安価な衣装ケースを使用した場合、90リットル入りますので、おおよそ50回は使えそうです。

コンポストの入れ替えは、扉を開けて取り出します。

コンポスト基材が入ったコンテナの入れ替えですが、収納箱の側面の扉を開け、コンテナを出します。

コンテナ内のコンポスト基材は、堆肥として利用する場合、ダンボール箱等に移し保管、ダンボール内で熟成してから使用します。

尿は専用タンクに入ります

尿は、尿受け皿からの配管でトイレの外に設置したタンクに貯めます。

トイレの外に設置するポリタンクは20リットルぐらいのタンクが持ち運べて手頃です。灯油タンクは紫外線に強く長持ちします。


DIY便器はコンポスト投下式トイレに適しています

大小分離のDIY便器は横幅39センチ、奥行き53センチ、収納ボックス天板からの高さ3センチ、便座までは5センチです。

投下式用尿分離式の便器セットの価格ですが

DIY便器セットは便器、普通便座、尿受け皿、送料、税込みで、3万9千6百円です。

こまらんeトイレは3タイプのトイレをご用意しています

こまらんEトイレ20型

1,2人用のタイプで、尿は本体前の2リットルボトルのタンクに入れます。

 

 

こまらんeトイレ30型

 3,4人用のタイプで、尿は屋外のタンクに貯めます。

こまらんeトイレ50W型

5,6人用で、50型の縦型撹拌器を横向け2連にし処理能力を向上しました。