庭にトイレにもなる小屋を自作しませんか

庭にご自分でトイレ小屋をDIYしませんか

庭にトイレを設置する方法として、一番、費用を安く抑えられるのは、使用の都度、レジャー用の着替えやトイレ用で売られているテントとダンボールトイレなどの非常用トイレを組み合わせて使用することです。
今回、長期に渡って、快適に使用でき、しかもおしゃれな庭になるトイレ小屋について考えます。

設置が簡単、丈夫で長持ち、メンテナンス不要の小屋を低コストで建てる

プレハブ物置と言えば、薄い鉄板の物置を思い浮かべますが、上質なものは断熱がされていているものもあります。有名なのはイナバで(例えば130✕250センチものが36万円)、次いでヨドコウ(180✕250センチものが32万円)でしょうか。


搬入費や設置費用については別途、必要になりますが、野小屋としては十分な大きさで、トイレスペースも十分作れるひろさです。
イナバ物置が36万円、ヨドコウ物置が32万円だそうです。しかしトイレ用で作られた建屋ではないので、どのようなトイレにして、どう改築するかの問題は残ります。

もう少し低コストにおさえるなら、ホームセンターや材木店で資材を買ってDIYで好みの大きさの小屋を建てることになります。
しかし、適当に作ると木材の場合、土台がシロアリの餌食になったり、雨水で部材が腐ったりします。

庭に六角型のトイレ小屋を建てませんか、自作できます

庭にはスチール製物置でなく、おしゃれなデザインの小屋を建てませんか。六角形の小屋なら合版で簡単に作れます。
トイレの小屋を六角形にするメリットは、

1、風に強い(どの面も均一な作りなので、どの方向から風が吹いても同じ)
2、大きな柱が要らない(モノコック(一体構造)的な構造で丈夫)
3、プレハブ仕様( パーツを組み立てるだけで簡単に仕上がる)
4、デザイン(六角形の小屋はデザイン的におしゃれで、あまり建てられていない)
5、低コストで建てられる(合板で構成され、屋根はFRP仕様なので丈夫で)

建物構造概要

建物の構成は、土台、6面の壁、2分割の屋根になります。
1、土台は、90ミリ角の大引き、45センチ角のネダで六角形になるように組む、防腐処理と地面に固定する。
2、6面の壁は、6本の支柱を土台の角に設置し、側面を90✕180センチの合板で囲む。
3、屋根は、合板にFRPでライニング処理し、ゲルコートを塗布、ウレタン塗装する。

部材は、六角形部分の土台、床板、6本の支柱、6面の壁(ドアー面1枚、窓面1枚、壁面4枚)、屋根2分割

組み立て手順

組立の手順をご紹介します。
どのようなコンポストトイレにするかで土台が変わります。ご紹介例は、おがくず投下式トイレの仕様です。

六角形土台部分を杭で地面に固定する

コンポストが貯まったコンテナを取り出す入り口


 

支柱を六角形の過度に設置する

順次、仮固定していく


入り口面、窓面以外の壁面を取り付けていく

壁面と土台面をビスで固定する


2分割の屋根を側面に載せる

両端をビス固定し屋根とか壁側面を固定する


仕上げはお好みでアレンジできます

1 脚立とインパクトドライバーのみで組み立てできます。
2 土台を設置する際、ハウスが飛ばないよう杭で固定します。

3 土台の防腐処理もします。
4 床面は合板を2重に貼ったほうが丈夫です。
5 できれば床面に砂を入れた塗料で滑り止め塗装します。
6 外壁はガルマニューム板等を貼ったほうが丈夫で安心です。
7 排気装置を付ける場合、ソーラパネルとカーバッテリーと使いま す。余剰分を室内の照明にも使えます。


※写真はコンポスト(おがくず)投下式トイレの仕様です。投下式にしない場合、床面は地面と同じ程度に低くできます。

DIY便器で作るか、少人数用のコンポストトイレを導入するかです

庭にコンポストトイレを設置する場合、庭が広く、使用済のコンポスト基材が十分処理できればいいのですが、コンポスト投下式のトイレよりも普通のコンポストトイレの方がいいかもしれません。

おがくず投下式のトイレをつくる場合に便利な大小分離のdiy便器

diy便器の設置例



DIY便器の内容は、便器と普通便座、便器を固定し便器からの尿を受ける便器ホルダーの3点です。合同会社コンポス技研では、DIY便器として販売しております。

少人数用コンポストトイレは1人から6人用までの機種があります

こまらん℮トイレ20S型のサイズは

横幅39センチ、奥行き55センチ、便座までの高さは43センチです。コンパクトタイプです。撹拌槽に12リットル程度のコンポスト基材を入れます。1,2人用のコンポストトイレです。

撹拌槽の大きさは20L型と同じですが、本体ケースが一回り小さく作られています。

 

標準価格は13万2千円(税、送料込み)、オプションで排気装置(2万2千円)を付けることができます。

別途コンポスト基材セット(約10回分の基材と微生物基材)は7千円でご用意しています。

こまらん℮トイレ20L型のサイズは

横幅41センチ、奥行き57センチ、便座までの高さは45センチです。2リットルのボトル型のタンクです。

内側ケースと撹拌槽の間に撹拌槽を保温するマットを入れることができます。撹拌ハンドルは直径25センチを使用しています。

 

標準価格は15万9千円5百円(税、送料込み)、別途コンポスト基材セット(約10回分の基材と微生物基材)は7千円でご用意しています。暖房便座を設置される場合、16万5千円です。

 

こまらん℮トイレ20L型8リットルタンク仕様のサイズは

横幅41センチ、奥行き57センチ、便座までの高さは45センチです。

内側ケースと撹拌槽の間に撹拌槽を保温するマットを入れることができます。撹拌ハンドルは直径25センチを使用しています。

 

標準価格は16万5千円(税、送料込み)、別途コンポスト基材セット(約10回分の基材と微生物基材)は7千円でご用意しています。

暖房便座を設置される場合、17万5百円です。

こまらん℮トイレ30型のサイズは

横幅45、奥行き65、便座までの高さ46センチとコパクトサイズですので、ポータブルとしても使用できます。

撹拌槽にコンポスト基材を15リットル程度入れます。3,4人用のコンポストトイレです。毎日のメンテナンスは要りません。別荘や、介護用トイレとしてもお使いください。


標準価格;176,000円(お使いになる便座、環境、設置方法等により仕様が違いますので、見積もりさせていただきます。)

 

こまらん℮トイレ40型のサイズは

 

横幅;45センチ、奥行き;65センチ、便座までの高さ46センチです。撹拌槽にコンポスト基材を20リットル程度入れます。4,5人用のコンポストトイレです。
こまらんeトイレ40型は、くみ取り式の便所の床を張り替え、排気管、尿配管を出すだけで、すぐに使えます。

 

標準価格;176,000円(お使いになる便座、環境、設置方法等により仕様が違いますので、見積もりさせていただきます。)

こまらん℮トイレ50W型のサイズは

 

横幅;45センチ、奥行き;65センチ、便座までの高さ46センチです。撹拌槽にコンポスト基材を24リットル程度入れ、通常は丸ハンドルで前部分の撹拌器を回します。基材が片寄ってくれば後部の撹拌器を回し、コンポストを均一にします。

標準価格;187,000円(お使いになる便座、環境、設置方法等により仕様が違いますので、見積もりさせていただきます。)

コンポストトイレで生まれるコンポストの処理方法

コンポストトイレから生まれるコンポストについて

コンポスト化の主役は好気性微生物です。そしてコンポスト化をうまく進めるためには、好気性微生物の活性を促す適正な環境条件を整えることが必要です。その条件は、①栄養源、②水分、③空気、④微生物、⑤温度、⑥堆肥化期間です。
1、栄養源大便は分解しやすい有機物です。これが堆肥化の微生物の栄養源となります。
2、水分便の水分割合は約 80 %で、堆肥化の開始時は、通気性を良くする必要があります。
3、空気堆肥中の微生物に空気を送ることが重要です。いわゆる撹拌作業です。
4、微生物便1g中には、1,000 万~1億個の多種類の微生物が生きています。本来、食物などが発酵したり腐敗したりするには 100 万個の微生物がいれば十分なので微生物を外から添加する必要はありません。好気性微生物が活動しやすい条件を整えることが重要です。
5、温度微生物の活性には温度が重要です。夏場はよく分解しますが、気温が低下する冬場は分解は進みにくくなります。
6、堆肥化期間堆肥として使用する場合、すぐに施肥するのは植物にはよくありません。堆肥化期間を概ね3ヶ月程度、木質物との混合物の場合、6ヶ月以上と言われています。

普通の処理方法

おがくずをコンポスト基材にした場合、おがくずは木質であることから6ヶ月はダンボール箱等で保存し、堆肥化を進めてからの施肥になります。ピートモスや腐葉土の場合、3ヶ月以上、保管してからの施肥になります。

ちょっと工夫した処理方法


ダンボール以外ではコンポスターや大きめのプランターに枯れ草、生ゴミ等と一緒に堆肥化を進めるのもいいかと思います。その場合、尿も水代わりに、コンポストに振りかけ微生物で処理すると一石二鳥です。

二次処理で安全な処理方法


畑があり、多くの堆肥を必要とされる場合、もみ殻を主にしたボカシ肥料を作ることになると思います。わら、落ち葉、米ぬかなどと一緒にトイレから出たコンポスト、尿も混ぜてボカシ肥料を作ると、発酵熱で尿や大便の雑菌は死滅し、安全に施肥できます。

まとめとして

畑に野小屋になるようなトイレ小屋の自作とコンポストトイレの導入をオススメしました。
コンポストトイレは電気、水がなくても使えるトイレです。そしてし尿も自分で簡単に処理できます。
今回、六角形の小屋は一番、簡単な一辺が90センチの大きさで製作しましたが、一辺を120、150、180センチとすることも可能です。自作される場合、製作のお手伝いもさせていただきますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

合同会社コンポス技研 ☎0740-36-1295

メールでのお問い合わせの場合、下記のボタンからお願いします。