災害が発生すればトイレで困りませんか

大きな地震が発生するとライフライン、水道、ガス、電気、下水道が使えなくなります。水洗トイレは水道、下水道のどちらかがダメになっても、使えなくなります。「水が止まって流せない」「下水管が破損し汚水が流れでる」など、災害時にはトイレが使えない状況が想定されます。また、電気に比べ、水道、下水道はライフラインでも復旧が一番遅いと予想されます。

トイレを流すのに必要な水は約8~10Lです。水道が使えない場合(下水道使用可能時)、水洗トイレを流すためには、水を調達してバケツなどで直接便器内へ流します。被災した中、水洗トイレを使うなら毎日、重労働が続くことになります。

下水道が使えない場合は、水洗トイレを無理に使わずに、災害用トイレなどを使用することになります。

避難所では工事不要の置くだけで使えるポンプ式簡易水洗トイレが主流

1.ポンプ式簡易水洗トイレは

内蔵のタンクに入れた水を、足踏みポンプで流しおしっこ、うんこを洗浄します。

洗浄に使う水は通常、ホース等で水道より給水しますが、断水の場合、ポリタンクより給水します。

洗浄水で流れた汚水は本体下部にあるタンクに貯めます。貯まるとバキュームカー等でくみ取りが必要とします。

仮設トイレと言えばこのタイプのトイレで、災害用トイレとして現在、最も使用されるのはこのタイプです。

2.ポンプ式簡易水洗トイレの仕組み

床の内臓タンクに、約350リットルの便槽と約60リットルの洗浄水が入っています。

足元にあるペダルを踏むと約200ccの洗浄水が流れる仕組みになっています。

汲み取り目安は床タンクの洗浄水を3回(約180リットル)交換し、なくなった時点で、業者を手配し、汲み取ってもらいます。

3.ポンプ式簡易水洗トイレの良い点、悪い点

避難所の水洗トイレが使えない場合、仮設トイレが導入されます。しかし、大きな地震が起これば、水道、下水道といったライフラインのみならず、道路も寸断され、初期では仮設トイレの搬入は不可能な場合があります。そして、なんとか仮設トイレが運用できても、

こまらんクラフトのトイレがお役に立つかもしれません?

家庭では、災害に備えて、普段は使わないトイレを用意しておくのは無理かもしれません。しかし、2箇所、家のトイレがある家庭は多くあります。

普段は便利な水洗トイレを使用し、朝などの混雑時、使用する予備のトイレとして、水洗でないトイレを用意しておくのはどうでしょうか。

その水洗でないトイレとは、災害時でない場合、おしっこだけ下水を利用し処理ます。そして、うんちを処理槽に入れて微生物の働きで分解するコンポストトイレ、つまりバイオトイレです。もちろん、普段使用する場合、ウォシュレットの便座も使えますし、使用する処理槽の大きさによりますが、100回以上連続使用できます。しかしこのトイレは、水洗トイレと違って、うんちが微生物で分解されても、処理槽のバイオチップが重たくなって攪拌しにくくなりますので、新しいバイオチップに取り換える処理が必要となります。

災害時でも使えるコンポストトイレの設置場所について

1.マンションの場合

マンションでは建物自体無事であっても、ライフライン、水道、下水何れかでも、使えなくなるとトイレは使用できません。短期間であれば、非常用トイレで乗り切れますが、長期になると難しいのではないでしょうか。また、マンションのトイレは1っか所が普通です。お年寄りなど、トイレの使用時間が長い場合、もう一か所あればという場合があります。ベランダに可燃性のものは置けませんが、不燃性のものでトイレスペースを確保されてはいかがでしょうか。この場合、コンポストトイレにされても、おしっこは下水を利用することはできませんので、専用タンクを使うことになります。

2.屋外にスペースがある場合

農作業など、屋外で仕事をされる機会が多い場合、家の外用便所としてコンポストトイレを設置されてはいかがでしょうか。万一、建物が壊れても、屋外トイレであれば倒壊しないかもしれません。

3.一次避難場所となっている集合場所の場合

自治会などでは、近くの公園や空き地を一次避難場所として決められています。もしそこに集まることが本当に起これば、大混乱になりますし、全員の安否が確認できるまで、とどまらなくてはなりません。この場合、非常用トイレの用意が必要になります。地域の防災拠点ですので、当然、災害用の道具が入った防災倉庫も設置されています。もし、これからという場合は、防災倉庫の中のトイレ以外の道具を外に出せば、倉庫がトイレになるようにされてはいかがでしょうか。防災倉庫の建物自体にも工夫が必要と思いますが。


少人数用の災害トイレなら、こまらんクラフトのトイレがお役に立ちます

二、三人用のこまらん℮トイレ30型なら設置がもっと簡単!

4,5人でお使いいただけるサイズのコンポストトイレです

コンポストトイレ研究所のウリは、セパレート、シンプル、コンパクト!

セパレート式の便器

使用後、ハンドルを数回まわします。攪拌することでバイオチップと混ざって分解が促進します。また、混ぜることで使用した痕跡がわからなくなります。

シンプルな手動攪拌

使用するときはレバーで便器底の扉をあけ、おしっこの時は、扉を閉じたままお使いください。常時、扉を閉めておくことで、臭いがしません。

コンパクトサイズ

横幅45、奥行き60、便座までの高さ46センチとコンパクトですので、置く場所を選びません。短期間であれば、設置工事なく、そのまま使用できます。