仮設用トイレでの困りごとはありません?

作業用、菜園などの仕事をされていてトイレで困られたことはありませんか。また、仮設のトイレでの困りごとはありませんか。コンポストトイレ研究所のこまらん℮トイレがお役に立つかもしれません。

仮設トイレのいろいろ

1.昔ながらのボットン便所方式の仮設トイレ

水を一切使わない為、水が全く使えない場所等で利用するのには適しています。

汚水は本体下部にあるタンクに貯め、貯まるとバキュームカー等でくみ取りを必要とします。

ポンプ式簡易水洗が出てくるまでは定番でしたが、現在はあまり使われておりません。

2.工事不要の置くだけで使えるポンプ式簡易水洗トイレ

内蔵のタンクに水を入れ足踏みポンプで水を流し洗浄します。

水はホース等で通常の水道より給水します。別途ポリタンクより給水するものあります。

汚水は本体下部にあるタンクに貯め、貯まるとバキュームカー等でくみ取りを必要とします。

仮設トイレと言えばこのタイプのトイレで、工事現場、災害用トイレとして現在最も使用されるのはこのタイプです。

※ポンプ式簡易水洗トイレの仕組み

床の内臓タンクに、約350リットルの便槽と約60リットルの洗浄水が入っています。

水はホース等で通常の水道より給水します。別途ポリタンクより給水するものあります。

足元にあるペダルを踏むと約200ccの洗浄水が流れる仕組みになっています。

汲み取り目安は床タンクの洗浄水を3回(約180リットル)交換し、なくなった時点で、業者を手配し、汲み取ってもらいます。

3.水道を利用した簡易水洗のトイレ

給水工事のみが必要なトイレです。

給水は一般の水道より水をひきます。

汚水は本体下部にあるタンクに貯め、貯まるとバキュームカー等でくみ取りを必要とします。

工事はお客様側のほうで別途水道会社等にご依頼していただく必要がありますのでご注意ください。

 

4.水道と下水、浄化槽を活用する水洗トイレ

給水と排水工事が必要なトイレです。

工事を必要としますが、通常の家庭用トイレと同じように利用出来ます。

給水は通常の水道、排水は浄化槽または下水に流します。

工事はお客様側のほうで別途水道会社等にご依頼していただく必要がありますのでご注意ください。 

常設的に使われる場合、仮設トイレをコンポストトイレにしませんか

タンクにし尿を貯める方式の仮設トイレは、タンクに流す洗浄用の水が欠かせません。また、タンクを空にするためにはバキュームカーでなければできません。短期間の使用の場合、仮設トイレは便利だと思いますが、長期、作業用として屋外で使用する場合、メンテナンスが楽なトイレがあります。

コンポストトイレのと仕組みと問題点

便槽にコンポスト基材(おが屑等)が入っていて、し尿をヒーターで乾燥しながら、モーターでコンポスト基材を攪拌します。コンポスト基材に生息する微生物と排泄物の中の微生物が活性化し、排泄物は水と二酸化炭素に分解され、分解できないものはたい肥に変化します。し尿を大掛かりな設備で処理するタイプをバイオトイレと称し、電気を使わず、大便だけを手動で攪拌し分解するようなタイプのものをコンポストトイレと言われています。

排泄物の残渣成分を含んだ古いコンポスト基材が攪拌に負担になってくれば、新しいコンポスト基材と取り替えます。古いものは焼却するかコンポスト(堆肥)として使うこともできます。

もともと、バイオトイレ、コンポストトイレはエコトイレの一種として、下水を垂れ流すことができない山岳地域の山小屋や工事現場用として開発されたものですが、最近では環境に関心をよせる一般家庭での設置が増えています。

コンポストトイレの問題点は、

現在の建築基準法がコンポストトイレを事実上認めていません。同法では、下水処理区域内では水洗トイレの設置を規定しています。法律上、コンポストトイレは排泄物を水で流さないため、下水道が普及している地域では設置できないことになっています。


こまらんクラフトのトイレがお役に立つかもしれません

二、三人用のこまらん℮トイレ30型なら設置がもっと簡単!

2,3人用のタイプで、ハンドルが側面にあるので、座ったままで回せます。

4,5人でお使いいただけるコンポストトイレです

便座を保温便座、ウォシレットにしてもご使用できます。また、フロント部を深く取っているので、ストレスなく用が足せます。

コンポストトイレ研究所のトイレのウリは

尿分離式の便器です

大便をするときはレバーで扉を開けます。

おしっこは開口部の前の一段落ち込んだ部分から小便のタンクに入ります。

攪拌は故障のない手動

使用後は、ハンドルで数回まわし攪拌します。攪拌することで、バイオチップに包まれ、分解が進みます。また、回すことで、大便の痕跡もなくなります。

横45×奥行き60とコンパクト

便座までの高さは46センチと座りやすくなっています。既存のトイレにもそのまま設置できます。ウォシュレットの便座を付けても、コンパクトに収まります。