コンパクトでメンテナンスが簡単

どこでも置けますのでポータブルトイレとして、大災害でライフラインが途絶した場合、水洗トイレは使えなくなるかもしれません。

また、ライフラインの復旧が遅れれば、非常用トイレでは、後始末に苦労します。

 

20型はFRP製なので軽く、耐久性があり、水洗いなどメンテナンスが容易です

ヨット、ボート等と同じ材質で作られていています。耐用年数は4、50年と大丈夫なつくりとなっています。

重量は約25キロ(内容物がない状態で)です。そしてお風呂のポリ浴槽のように簡単に水洗いができます。

尿分離式なので、アンモニア臭は少なく、固形物だけを効率よくコンポスト化できます

トイレ本体は底辺で横40、奥行き57センチ、便座までの高さ45センチとコンパクトですが、

便座は水洗用の大型便座で、保温便座、ウォシュレットも使用できます。

便器底部の開口部は大きくストレスなく用を足せますし、

扉を閉めることで、撹拌槽が閉鎖され、臭いも出ません。

こまらんeトイレ20型は、使用場所を選ばないバイオ式トイレです

 

大便だけをコンポスト基材が入った撹拌槽に入れ、微生物の働きで分解されコンポストになります。

 便器底部の扉は用を足す時だけ開け、閉鎖すると、おしっこは撹拌槽には入りません。

排気装置は撹拌槽に空気を攪拌槽に取り込み、微生物の働きを良くするため付けられています。

壁に設ける排気装置で攪拌槽で発生した炭酸ガスを吸いだし、ファンで屋外に排出します

コンポスト資材の入れ替えは簡単です

撹拌器のシャフトが見えるようになれば、ピートモスを補充します。

撹拌器をハンドルで回すのが辛くなればコンポスト資材の換え時です。

攪拌槽を屋外に持ち出し、内容物を出します。

コンポスト資材を撹拌槽に約10リットル投入します。

そしてセットすれば完了です。

※コンポスト資材は生ごみ処理用のものでも十分ですが、トイレをご購入される際に、

1回分(10リットル)のコンポスト資材と作り方のマニュアルをお付けしています。

メンテナンスは

1 撹拌槽に3種類のコンポスト基材と微生物基材少量を撹拌器の棒が隠れるまで(約10リットル)投入します。

2 撹拌器のハンドルを回してみて、基材の水分調整と重たければ、ピートモス等軽いものを入れ回り具合を調整します。

3 使用していてコンポスト基材が減ってくればピートモスを補充し、ハンドルを回すのが辛くなれば基材の換え時です。

4 便器ユニットを外すと、撹拌槽、尿タンクともケースから取り出せます。

5 コンポストとして使用する場合、すぐに使用せず、ハエが入らないよう段ボール箱に入れ2,3か月後使用します。

6 小便もそのまま使用すると肥料焼けします。10倍以上に薄め使用します。

7 撹拌槽内に虫が入らない構造になっていますが、夏場は忌避材の使用も検討してください。

こまらんeトイレ20型を全国送料無料で販売しています

 標準価格;165,000円(お使いになる便座、環境、設置方法等により仕様が違いますので、見積もりさせていただきます。)

ご不明なことがありましたら、お気軽にお問合わせください

 電話でのお問い合わせは;0740-36-1295にお願いします。 

 メールでのお問い合わせは;ホームページのお問合せフォームでお願いします。

 

こまらんクラフトは3タイプのトイレをご用意しています

こまらん℮トイレ30型

3,4人用のタイプで、座ったままで攪拌器を回せます。おしっこはトイレ横でも、室外のタンクにも入れることができます。

 

こまらん℮トイレ20型

1,2人用のタイプで、おしっこは攪拌槽の前の8リットルタンクに入ります。

こまらん℮トイレ50型

便座までの高さは46センチ。既存のトイレにもそのまま収まりコンパクトです。水道につなげれば便座をウォシュレットにもできます